業務スーパーのチーズケーキは体に悪い?甘すぎなのがヤバイ?

 

業務スーパーのチーズケーキは体に悪いの?

甘すぎるのが体に悪いの?

 

こういった疑問にお答えします。

 

業務スーパーで販売されている「リッチチーズケーキ」はSNS上で人気を集めていますよね。

ところが、ネットで検索してみると「業務スーパー チーズケーキ 体に悪い」という不穏なワードが出てきます。

そこで、本記事ではこういった内容について解説していきます。

 

業務スーパーのチーズケーキは体に悪いの?

 

業務スーパーで販売されているチーズケーキは、本当に体に悪いのでしょうか?

SNSの反応を見ていきましょう。

 

SNSの反応

 

 

以上の通り、多少体に悪いだろうことを自覚しながらも食べている方がいるようです。

しかし、本当に体に悪ければすぐに体調にでるはずですよね。

他にネットの口コミを調べたところ、実際に体調が悪くなったという声は聞きません。

 

では本当に体に悪いのか、真相はどうなのでしょうか?

実は、チーズケーキなどのお菓子に含まれることの多い「とある物質」がヤバイと言われています。

 

お菓子などに含まれる「トランス脂肪酸」がヤバいのでは?

 

他のブログが記事を見てみると、「体に悪くない」と宣っているようですが、あまり根拠としては正確ではありません。

したがって、当記事では「体に悪くない」論をあえて否定していきます。

 

まずはこちらの動画をよくご覧になった方が良いかと思います。

 

  • 白い3大悪魔
  • トランス脂肪酸
  • 人工物

 

世の中のほとんどのお菓子や加工食品には、上記3点のような「人工的に作られた物質」が添加されたものが多く出回っています。

こういった加工食品を摂ると、長期的には「糖尿病」を引き起こす可能性が示唆されています。

 

ではどういった食品を食べるべきかというと、こちらの続きの動画をご覧ください。

 

上記動画の通り、極力「元の原型が想像できる・自然の食べ物」を摂るとよいことが分かります。

 

■おすすめの本

トランス脂肪酸がヤバイということについて書かれた本がありますので、チェックしてみて下さい。

 

 

 

 

まとめ

 

■業務スーパーのチーズケーキは体に悪いの?

SNS上では、ただちに体への影響についてつぶやかれたものはない。

業務スーパー公式サイトでも「安全・安心」とは謳っている。

しかし、長期的に見れば「トランス脂肪酸」を摂ることによる「糖尿病」などを引き起こすリスクはあるため、少なくとも「体に良い」と断言はできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。