シンカリオンZはつまらないから打ち切り?いまいち・微妙の声も!

シンカリオンZ

 

なんでシンカリオンZはつまらないって言われているの?

「いまいち」とか「微妙」みたいな評価・評判があるんだけど、どういうことなの?

なんか…展開的に打ち切りっぽくない?

 

今回はこういった点についてお伝えしていきたいと思います。

 

2021年4月放送開始の、「新幹線変形ロボ シンカリオンZ THE ANIMATION」こと、シンカリオンZ。

大人・子供問わず幅広い層に大人気の作品ですよね!

そんなシンカリオンZは、なぜ「つまらない・いまいち・微妙」といった評価・評判があるのでしょうか??

今回はそのような点について、某掲示板やTwitterなどから調査していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください^^

 

※追記:シンカリオンZはついに、2022年3月18日に最終回を迎えることになりました。

最終回熱すぎましたね!!

最後の最後に無印のOPとは・・・泣

 

シンカリオンZはつまらない・面白くないとの評判がある理由は?

 

シンカリオンZは、放送開始当時「つまらない・いまいち・微妙」といった感想がネット上に上がっていたことがありました。

なぜ、このような評価が出ていたのでしょうか。

 

ネット上の各媒体で調べた結果、以下のようなことが分かりました。

 

つまらない・面白くない理由

 

シンカリオンZがつまらないと言われている理由について、ネット上では以下のような意見が出ていました。

 

・前作の「シンカリオン(無印)」と比べて、特別面白いということもなく、普通。

・脚本が粗いと感じる。

・キャラクターの魅力が薄い。

・女子運転士をもっと出してほしい。男子ばかりでつまらない。

・前作とくらべて、主役が鉄ヲタ(鉄道ヲタク)ではないから、いまいち盛り上がらない。

 

こういったコメントが見つかりました。

個人的に、こういった意見に共通していると感じるのは、「何かと何かを比べて相対的に評価している」といった特徴がある点です。

つまり今回でいえば、シンカリオンZの先代である「シンカリオン(無印)」と「シンカリオンZ」との相対評価により、「つまらない」と言われていることが、分かってきました。

 

先代の「シンカリオン(無印)」がとてもよかっただけに、「シンカリオンZ」の粗が際立ってしまっている、ということなんでしょうかね。

うーん、何とも言えない気持ちになりますね・・・。

 

つまらない・面白くないという意見のTwitterまとめ

 

「つまらない」という評価についてTwitterを探ってみると、他にはこのような意見がありました。

 

 

色々な意見がありますね。

前作のシンカリオン(無印)がとても良かったと思えるからこそ、前作のフィルターを通して今作のシンカリオンZを評価してしまう。

でもそれは、それだけ「シンカリオンが好きだった」という期待感があるからこそ、このように「裏切られた」ような気持ちになってしまう人がいるのかもしれませんね。

 

シンカリオンZはいまいち・微妙と言われる理由は?

 

ここまでは、シンカリオンZが「つまらない」と言われる理由について探ってみました。

次は、「いまいち」「微妙」といった意見も見つかっています。

「いまいち」「微妙」と感じるのはなぜか、そして「どういった点」がいまいち・微妙と感じるのでしょうか?

 

いまいち・微妙の理由

 

シンカリオンZが「いまいち・微妙」と言われている理由について、ネット上では以下のような意見が出ていました。

 

・合体の演出がいまいち。気分が盛り上がらない。

・設定がずさんすぎる。

・家族愛が足りていないと思う。

・キャラの魅力が少し微妙

・指令長が「ダメな大人の典型」ってイメージがあり微妙

・ 主人公が新幹線にそこまで好意をもっていないのが微妙

 

以上となります。

ファンの方々の否定的な意見を見ると、なぜか個人的には気分が落ち込んでしまいます。

しかし、意見のほとんどは感情的・一方的な否定ではなく、とても建設的だなと感じましたね。

つまり、「何がダメ」で「どうしたらいい」といった的確で前向きな意見が多い印象があります。

こういった意見が、アニメの制作責任を持つスポンサーや広告代理店に届くといいですよね。

 

いまいち・微妙という意見のTwitterまとめ

 

「いまいち・微妙」という評価についてTwitterを探ってみると、他にはこういった意見が見つかりました。

 

 

以上がTwitterのまとめになります。

なんといいますか、的確な正論が多い印象がありますね。

ファンであれば「それそれ、わかる」と思うんじゃないでしょうか。

 

否定的な意見というのは、「関心の証」といえるかもしれないですし、むしろ前向きに捉える視点があってもいいかもしれないですね。

ここから評価を覆せば、ファンの方々の面白い反応が得られそうですよね^^

ここまで、否定的な意見をまとめてみましたが、実際「打ち切り」という展開はありえるのでしょうか?

 

シンカリオンZはつまらないから打ち切りってこと?

 

シンカリオンZはついに、2022年3月18日に最終回を迎えることになりましたね。

最近、Googleサジェストを見ると、「打ち切り」といったワードが拾えます。

本当に打ち切りだとしたら、悲しいです。

 

そこでTwitterの意見や、前作などと比べ調査してみました。

 

前作のシンカリオンは打ち切りだったの?

 

まず前作については、結論として「打ち切り」ではないと考えられそうです。

とはいえ、今作と同じように「打ち切り」の話題で、当時ネット上が騒がれていたのは間違いありません。

発端はおそらく、前作の放送終了について、タカラトミーの株主総会で明らかにされた事実からでしょう。

なんと、2019年6月に行われた、タカラトミー株式会社の株主総会にて「TBSの都合で放送終了」ということが明らかにされているようです。

このことから、ファンの間で「事実上の打ち切りではないのか?」といった疑念が飛び交っていたようなんです。

見ての通り「TBSの都合で終了した」だけであって、「打ち切りした」といった事実はどこにも示されておりません。

また、「TBSの都合で終了」という事実に加え、前作における最終決戦あたりの展開を見た視聴者の間で「展開がごたついている…?まさか打ち切り?」といった疑念から、こうしたウワサが出始めたんじゃないかと思われます。

こうした前作の背景があり、今作の「打ち切り」といった話題が出てきたんじゃないでしょうか。

 

今作のシンカリオンZの打ち切りやタイミングは?

 

結論は以下の通りとなります。

 

 結論

・「打ち切り」は単なる憶測ではないかと推定

・そもそも「打ち切り」について、ハッキリと公式・スポンサーから明示されていない。

 

以上の通り、今作の「打ち切り」という話題も、正式に発表されていない以上、証拠のないウワサ・疑念に過ぎないといえるでしょう。

ただし、「打ち切りっぽくね?」と思える展開であることは、正直なところ否定できません。

前作が76話に対して、今作は41話で終了という事実から、余計そう思う気持ちは理解できます。

 

しかし、前作の展開やウワサの経緯などを踏まえていれば、「打ち切りなんじゃないか…?」と邪推する必要はないのではないでしょうか?

つまり、「ウワサはウワサに過ぎない」ということに帰結するかと思います。

とにかく、公式が見解を表明するまで「打ち切り」と断定する必要はないと思われます。

 

色々と想う気持ちがあることは理解できます。

しかし、モヤモヤした気持ちを抱えたままでは、せっかくあなたが41話まで見てきた、シンカリオンZはなんだったのか分からなくなりませんか?

 

行動経済学では「ピークエンドの法則」という言葉があります。

つまり、終わりが良ければいいじゃないですか。

始まりがあれば終わりがあるように、終わりがあれば始まりだってあるはずです。

 

打ち切りを心配するネットの声

 

ここからはTwitterのつぶやきをご紹介します。

やっぱり思うところは一緒なんですよね。

 

 

 

 

 

二期やってほしいですよねー・・・。(正確にいうと、シリーズ的には三期?)

 

シンカリオンZの次回作は?後番組はなに?

 

シンカリオンZが終了することは紛れもない事実です。

では、「シンカリオン」の後継として「シンカリオンZ」が放送されたように、

「シンカリオン●●」といった後番組は放送されるのでしょうか?

 

結論からいえば、いまのところ次回作の予定は発表されていません。

そして後番組は、バラエティ番組の「デカ盛りハンター」に変わります。

Blu-ray買って少しでもスポンサーや広告代理店に数字で訴えかければ、今後の展開もあるはず。(と思いたい)

ですから、次回作の「可能性は無限大」だと信じていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは否定的なコメントばかりを探ってきましたが、シンカリオンZは視聴者全員が「つまらない・いまいち・微妙」と言っているわけではないことが分かっています。

 

シンカリオンZは面白い!という評価も

 

ここまでは、シンカリオンZがつまらない理由について探ってきました。

ここからは、シンカリオンZが「面白い・盛り上がってきた・テンション上がってきた」といった肯定的な意見も多くみつかったため、ご紹介していきます。

 

 シンカリオンZが「面白い」という意見も!

・前作のキャラクターも多く登場してきた!

・前作と映画の伏線を回収し始めてきて、面白くなってきた!

・最初はいまいちだったけど、話が進むにつれ加速度的に面白くなってきた!!

 

このような意見が多数見つかりました!

否定的な意見ばかりではなく、肯定的な意見も多くてうれしいですよね^^

 

実際にTwitterの反応も確認していきましょう。

個人的には、銀河鉄道999でおなじみ「メーテル」や、新世紀エヴァンゲリオン、キティ・”発”音ミクといった、有名作品・キャラクターが多数登場してきているのが面白いですね!

実際にテレビで見ていた方は、驚愕だったのではないでしょうか!

特に私は21話のエヴァコラボや、あおなみ線ネタ(地元にゆかりがありまして)には驚かされ、目玉が飛び出そうになりました。(笑)

 

最終回についてネットの反応

 

ここからは2022年3月18日の最終回の怒涛の盛り上がりについて、ネットの意見をまとめました。

最っ高にアツかったですよね!!

 

色々なネタが組み合わさったタイトルで、秀逸すぎますねw

 

 

個人的には、最終回のヤシマ作戦ばりの展開の既視感は、エヴァコラボしたからなのか??

と目玉を吹き飛ばしながらリアタイしていましたw

本当にアツい展開で楽しめましたね!!

 

シンカリオンZはつまらない・いまいち・微妙についてのまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、シンカリオンZの否定的・肯定的なコメントをまとめてみました。

ここまでの意見をざっくりと総合すると、以下のような感じでしょうか。

 

■ シンカリオンZはつまらない・いまいち・微妙という意見

・放送当時、キャラクター・脚本に魅力を感じにくく、前作との対比により「つまらない・いまいち・微妙」といわれていた。

 

■ シンカリオンZはつまらないから打ち切りってこと?

・「打ち切り」は単なる憶測ではないかと推定

・そもそも「打ち切り」について、ハッキリと公式・スポンサーから明示されていない。

 

■ シンカリオンZは面白い!という意見

・放送中盤~後半に差し掛かるにつれて、前作・映画とのつながりを感じられて「面白い」との意見が多数。

 

一見すると、シンカリオンシリーズは子供向けのような印象があったりしますよね。

でもその実、我々のような大人にも刺さる作品であり、幅広い年齢層に刺さる素晴らしい作品だと感じています。

ロボットを操縦できるのは、適性のある子供たち。

そんな子供たちを前線に立たせたくない、大人たちの苦悩や葛藤。

そういった点に釘付けになってしまうんだと思います。

 

またシンカリオンシリーズに関する続報があり次第、追記していきます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • テレビアニメ第3期があるならいっそ女子運転士が主人公の逆ハーレム物にして欲しい

  • 描写不足とか駆け足なテンポは否めないけど去年の4月に始まってきっちりこの3月までに終局展開を繰り広げたのだから円満終了としか思えない、少なくとも打ち切りと呼ばれる程のものを出されたとは思わない
    ゴールデンタイムにアニメ番組が視聴率取るのが厳しい状況でよく1年持ち堪えたと思うよ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。