シャープスリムイオンファンの生産終了はなぜ?最新の後継機・代替品は?

シャープスリムイオンファンの生産終了はなぜ?最新の後継機・代替品は?

 

シャープスリムイオンファンの生産終了はなぜ?

最新の後継機・代替品は?

 

今回はこのような内容についてお答えします。

 

「シャープスリムイオンファン」は、シャープ社製造のタワー型の冷暖房器具です。

製造が中止した現在でも、人気商品としてインターネットなどで販売されています。

そこでネット上では、シャープスリムイオンファンの生産終了はなぜ?」という疑問や「最新の後継機・代替品は?」などシャープスリムイオンファンについて検索される方が多いようです。

そこで、本記事にてこういった内容について調べてみました。

 

シャープスリムイオンファン(PF-JTH1)の生産終了はなぜ?

 

シャープスリムイオンファン(PF-JTH1)が製造中止した理由については、シャープ社からも何も語られていません。

さらに、インターネット上でも製造中止した理由については、謎のまま答えがみつかりません。

そんなシャープスリムイオンファン(PF-JTH1)ですが、2022年10月現在、製造終了後もAmazonなどの通販では人気商品として販売されています。

そこで、製造中止になってしまった理由について推測させていただきます。

 

一般的に多くの製品が製造中止に至った理由としては、以下のような理由が挙げられます。

  1. 材料の高騰
  2. 需要の低下
  3. 新機種導入
  4. 部品の製造中止

 

そこで、上記の理由などを元に、シャープスリムイオンファンの生産終了理由について照らし合わせてみました。

 

シャープスリムイオンファンの生産終了理由①:販売開始から月日が経ったため製造過程の変化がある可能性

 

シャープスリムイオンファン(PF-JTH1)の販売開始は2016年からです。

すでに6年の月日が経っていますよね。

この間、特に改良などはなかったようです。

シャープ社など、製造会社の技術は進化し続けています。

製造開始から月日が経ち、製造過程でのなにかしらの技術の変化があったのかもしれません。

 

シャープスリムイオンファンの生産終了理由②:デメリットを改良し、新たな商品を製造する可能性

 

シャープスリムイオンファン(PF-JTH1)は、とても人気の高い良品ですが、2つほどデメリットがありました。

 

シャープスリムイオンファン(PF-JTH1)のデメリット

・重い(6.5Kg)
・リモコンの使い勝手が良くない

特に重さについては、他社同製品の倍近い重さもあったため、改良の余地が大きいと思われます。

そのため、これらの改良のために動き出した可能性もあるのではないでしょうか。

 

シャープスリムイオンファン(PF-JTH1)の最新の後継機や代替品は?

シャープスリムイオンファンの生産終了はなぜ?最新の後継機・代替品は?

 

シャープスリムイオンファン(PF-JTH1)の後継機は、2022年10月現在ありません。

Amazonなどではまだ販売されていますが、故障した場合、部品交換などについては不可能のようです。

そこで、代替品としていくつか紹介させていただきます。

 

■ダイソン 空気清浄機能付 ファンヒーター Dyson Pure Hot + Cool Link HP03WS

 

■日立 スリム扇風機 DCモーター 風量6段階 うちわ風 内部スイング 温度センサー搭載 タイマー機能 リモコン付 抗菌加工 HSF-DS500D

 

■コイズミ HOT & COOL NEW ホット&クール プレミアムタワーファン KHF-1225

 

参考までに、これらを簡単に一覧表にしてみました。

冷暖房 搭載機能 独自機能 リモコン
シャープ
スリムイオンファン
両方 ‎チャイルドロック
消臭・空気清浄
高濃度プラズマクラスター25000
Dyson
Pure Hot + Cool
両方 高性能HEPAフィルター
ホコリ・VOCニオイセンサー
MyDyson™アプリ連携
日立
スリム扇風機
冷房 温度センサー
内部スイング
快適風量 うちわ風
コイズミ
HOT & COOL NEW
両方 人感センサー
送風時ターボ機能
スライドヒーター

※詳細は各商品のホームページをご覧ください。

 

シャープスリムイオンファン(PF-JTH1)の生産終了はなぜ?最新品・後継機のまとめ

 

■シャープスリムイオンファン(PF-JTH1)の生産終了の理由は?

シャープ社からの正式な生産終了のお知らせはされていません。

しかし、これまでに生産を終了した製品と同様の可能性が考えられます。

  • 販売開始から月日が経ったため製造過程の変化がある可能性
  • デメリットを改良し、新たな商品を製造する可能性

 

■最新品・後継機

最新品や後継機は、2022年10月現在ありません。

しかし、Amazonなどでは現在もなお販売されています。

とはいえ、故障した場合の部品交換などはできない可能性が高く不安もあります。

そこで、代替品としておすすめの商品は3つあります。

  1. Dyson Pure Hot + Cool Link HP03
  2. 日立 スリム扇風機 HSF-DS500D
  3. コイズミ HOT & COOL NEW KHF-1225

 

とはいえ、シャープ社はプラズマイオンなど独自の機能が人気のポイントになっており、後継機や新商品を期待してしまいますよね。

私も調べていくうちにシャープスリムイオンファン(PF-JTH1)がとても欲しくなりました。

本当に新商品や後継機の販売が待ち遠しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。