おやすみプンプンが気持ち悪い!鬱でヤバいと言われる理由は?

おやすみプンプンが気持ち悪い!鬱でヤバいと言われる理由は?

 

おやすみプンプンが気持ち悪い!

おやすみプンプンが鬱でヤバいと言われる理由は?

 

今回はこのような点について解説します。

 

2007年から6年間にわたって連載された「おやすみプンプン」は、当時から前衛的な表現を用いた漫画として、最終巻発売後9年たった現在も高い人気を誇っています。

しかしネット上では「おやすみプンプンが気持ち悪い!」「おやすみプンプンは鬱でヤバい!」といった話題が多く見つかります。

そこで本記事にてこういった点を解説していきます。

 

おやすみプンプンは気持ち悪い!と言われる理由は?

 

おやすみプンプンはどういったところが気持ち悪いのでしょうか。

ネット上では以下のような理由から「気持ち悪い」という評判があるようです。

 

  • 大人同士の人間関係が気持ち悪い
  • 人間の気持ち悪い部分を描いている
  • 心理描写がリアルで気持ち悪い

 



 

ネット上では以上のような「気持ち悪い」といった評判が多く見つかります。

ただし、「気持ち悪い」という評価は作品批判のようなネガティブなものとして捉える必要はないと思います。

というのも「おやすみプンプン」においては「気持ち悪い」という評価は的を射た真っ当な評価だと思っているからです。

 

ネット上の口コミにある通り、

  • 人間のリアリティを追求した表現に気持ち悪さを感じる
  • 自分の中の気持ち悪さを包み隠さない表現

 

といった、あくまで作品上の表現に対して「気持ち悪い」と評価しているのだと思います。

 

Amazonのレビューをご覧いただくと分かる通り、多く評価が★4以上となっていますので、他にどういった評価をされているかチェックしてみてください。

 

 

おやすみプンプンは鬱でヤバい!と言われる理由は?

 

ほかにも「おやすみプンプンは鬱になる」という評判が多く見つかります。

こちらの評価もさきほどの「気持ち悪い」という評価と同じように、正当な評価として多くの口コミが見つかります。

  • 登場人物の絡み方が鬱になる
  • 救いがなさ過ぎて鬱になる

 

このような絶望感を感じる評価が多いですね。

 

 

「鬱になるのに面白い」というのは一体どういうことなんでしょうかね…。

「見たくないけどつい見ちゃう」という感じで、怖いもの見たさのような好奇心を擽られる方が多いのではないでしょうか。

 

また、最近話題の「タコピーの原罪」という漫画と比肩、もしくはそれ以上の鬱展開が期待できるともいわれています。

もはや「鬱になりすぎて危険」とまで言われるありさまです。

一体どれほどの鬱なのか、ますます気になりますよねー。

 

 

おやすみプンプンが気持ち悪い・鬱でヤバい理由まとめ

 

■おやすみプンプンは気持ち悪い!と言われる理由は?

  • 大人同士の人間関係が気持ち悪い
  • 人間の気持ち悪い部分を描いている
  • 心理描写がリアルで気持ち悪い

 

■おやすみプンプンは鬱でヤバい!と言われる理由は?

  • 登場人物の絡み方が鬱になる
  • 救いがなさ過ぎて鬱になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。